半熟干し柿「北限の渋柿 妙丹柿」贈答用

販売価格 3,240円(税240円)
SOLD OUT
北限の渋柿、青森県南部町産の妙丹柿(みょうたんがき)を凍れる寒さの中に
干し、ゆっくりと水分を抜けて、渋が抜けた瞬間を急速冷凍しました。

これまで販売する際に水分が出たりするのでしっかり干してからの
ものしか販売しませんでしたが、渋が抜けた瞬間を急速冷凍することで
美味しさを閉じ込めたまま、お届けできるようになりました。

【妙丹柿について】
南部の柿の物語は、その昔、南部の殿様が参勤交代の折に持ち帰った「妙丹柿」が原点です。

甘味が強く、繊維や種子の少ない美しい形で、自然の妙用によってか、極めて美しい赤橙色(丹色)が特徴の柿です。

その昔、南部の殿様が参勤交代の帰り道、会津から大根に差し、大切に人の手で運ばれ持ち帰ったと言われる妙丹柿。
現在、南部地域に残る妙丹柿の樹齢は200年を超える老木も多く、その当時の一枝が根付いたものとも言われています。そんなロマンチックで暖かい、民話の世界をそのまま現代に伝える妙丹柿は、青森県南部地方に広く栽培され、昔は冬場の農民の糧、収入源として干し柿に加工され、全国へと流通していました。基本的に放任栽培で無剪定の妙丹柿は、高さ十数メートル。枝も折れやすく危険が伴うことから、生産者の高齢化が進んだ現代、収穫・加工する農家も少なくなっています。


[原材料]
青森県南部町産妙丹柿

[内容量]
15個

[賞味期限]
90日

[保存方法]
冷凍保存
※干し柿の表面に白い粉が現れる事がありますが、柿の持つ甘み成分が結晶化したものです。
 同工場では、小麦、大豆、そばを使用した商品も製造しております。

*注意事項/その他
渋が抜けた瞬間を冷凍して保存しています。
半生のおいしいところを食べてほしいので水分は残してあります。
冷凍保存で保存して早めに召し上がって頂ければ幸いです。

[製造者]
なんぶ農援(株)

人気シリーズ

なんぶの物語シリーズ 南部の殿様が伝えた妙丹柿

Calendar

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Top