なんぶ農援の青森わっぱ飯「青森4大肉と青森なんぶの達者米」

販売価格 3,618円(税268円)
購入数

畜産が盛んな青森県の中でも青森県が誇る4大肉の「あおもり倉石牛」「十和田ガーリックポーク」「みちのくあべどり」「青森県産馬」と青森県南部地方で特別に栽培された「青森なんぶの達者米」を合わせたわっぱ飯です。
冷凍でお届け、そのままレンジ加熱でOKなので、ご自宅で簡単に「青森の味」をお楽しみいただけます。



【特別栽培米「青森なんぶの達者米」】
適度な粘りと甘みのある「達者米」は農薬や化学肥料の使用を通常の半分以下しか使用せず、県から特別栽培認証を受けたたった6軒の農家だけで生産したお米です。
農薬を少なくすることで通常の栽培よりも除草や害虫駆除などの管理に時間や労力がかかるほか、収量が少なくなってしまうというデメリットがあります。しかし生産者は、安心安全な達者米を消費者へお届けし、達者でいてほしいという思いや、今の自然を守り次の世代へ繋いでいく思いなど込めて栽培しております。




【あおもり倉石牛のしぐれ煮】
脂身の美味さと質の高い赤身の味、香りのバランスが抜群なあおもり倉石牛を贅沢に使い、秘伝の甘めのタレでじっくり煮込みました。ひとくち食べれば口いっぱいに脂身の甘味や赤身の香り広がり、幸せなひと時となるでしょう。達者米には牛肉と合うように同じ秘伝のタレを加えて柔らかくふっくらに仕上げました。ご飯と牛肉をかきこみたくなる一品です。

【十和田ガーリックポーク味噌角煮】
十和田ガーリックポークをじっくり1時間以上かけて下茹でをして余分な脂を落とし、肉の臭みをとった後で、味噌味でゆっくり煮込んで柔らかく召し上がりやすいようにしました。

【青森馬肉 馬肉汁風】
青森の馬肉鍋の特徴の味噌味で馬肉を煮込みました。またもう一つ青森の馬肉鍋の特徴であるなんばん味噌をトッピングでつけていますので、味を変えたいときに一緒に召し上がってみてください。
達者米には青森県南部町特産の食用菊「阿房宮」をごはんのまわりにちりばめていますので、彩りを楽しみながら馬肉と一緒に召しあがってみてください。




【みちのくあべどりの照り焼き】
柔らかい部位のもも肉を使用し、醤油ベースのタレに漬け込んで味が染みたところをゆっくりと火を通して肉が固くならないようにしております。柔らかくひとくちサイズで食べやすくなっております。

【わっぱ飯の温め方】※1個ずつ温めてください
容器を袋から出し、ふた回してシールをはがします
ふたを閉めたまま電子レンジで温めてください
500wで加熱2分半した後、そのまま2−3分ほど蒸らしてください
※調理後も冷たい場合は追加で10秒ずつ加熱してください
蒸らすことで蒸気が充満しふっくらに仕上がります
※容器は暑くなっていますのでやけどにご注意ください

人気シリーズ

なんぶの物語シリーズ 南部の殿様が伝えた妙丹柿
Top